ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年11月15日

【スシロー】
オンライン鮮魚卸会社と資本業務提携

 回転ずし最大手のあきんどスシローを傘下に持つスシローグローバルホールディングス(GHD、大阪府吹田市)は11月13日、オンライン鮮魚市場「羽田市場」を運営するベンチャー企業、CSN地方創生ネットワーク(東京都大田区)と資本業務提携したと発表した。

 

 CSNが持つ各地の漁業者とのネットワークを通じて国産天然魚を調達、スシロー全店で販売することを目指す。

 

 スシローグローバルHDの2017年9月期の連結業績(国際会計基準)は、売上高に当たる売上収益が前期比5.9%増の1564億円、営業利益は22.6%増の92億円だった。期中に35店舗を出店、3年で100店舗の出店を計画している。期末店舗数は国内477店舗、海外7店舗となった。

 

 CSNは14年に設立。全国各地の鮮魚を漁業者から直接買い付けて空輸、「羽田市場」を通じて飲食店に供給している。

 

フラッシュニュース〈経営〉

Special topics