ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2017年11月15日

【すき家】
アマゾンのAIスピーカーで牛丼予約可能に、15日から

 ゼンショーホールディングス傘下のすき家本部が運営する牛丼チェーン「すき家」は、アマゾンジャパンが11月8日に販売を開始した人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」での牛丼の予約注文に対応する。

 

 アマゾンエコーに「アレクサ、すき家の牛丼を開いて」などと声を掛け、個数と日時を伝えると予約が完了する。注文できるのは、牛丼並盛とたまご、デザートのプリンがセットになったスペシャルメニュー(税込500円)のみ。事前に登録した店舗に指定した日時に行けば、商品を受け取ることができる。15日からすき家の全店舗約1950店で対応する。

 

 アマゾンエコーは声で操作するスピーカーで、「アレクサ」と呼びかけると起動する。クラウド上に構築されたAI「アレクサ」とインターネットでつながり、利用者の好みなどを学習する。

 

フラッシュニュース〈商品・サービス〉

Special topics