ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2017年11月10日

【アマゾン】
AIスピーカー「エコー」を日本でも販売開始

 アマゾンジャパンは11月8日、人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」を日本でも発売すると発表した。有料のプライム会員の中から招待制で販売を開始、13日以降に出荷を始める予定だ。

 

 アマゾンエコーは声で操作するスピーカーで、「アレクサ」と呼びかけると起動する。クラウド上に構築されたAI「アレクサ」とインターネットでつながり、利用者の好みなどを学習する。話しかけることで、音楽を再生したり、アラームをセットしたりできるほか、人工音声がニュースを読み上げたりする。

 

 価格は1万1980円(税込)。小型の「エコードット」(5980円)と、家電などを制御できる上位機種「エコープラス」(1万7980円)も同時発売する。

 

 また、アマゾンエコーの発売にあわせて定額制の音楽聞き放題サービス「アマゾン・ミュージック・アンリミテッド」の提供も8日から開始した。プライム会員は月会費780円(年間一括払い7800円)、プライム会員以外は月980円で4000万曲以上の楽曲をスマートフォンやアマゾンエコーで好きなだけ聴くことができる。

 

 AIスピーカーについては、グーグルも10月6日から「グーグルホーム」(税抜き1万4000円)の日本での販売を始めている。

 

フラッシュニュース〈商品・サービス〉

DRM online 関連記事

Special topics