ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年10月17日

【イケア長久手】
EV用充電スタンドの実証実験、ピーク電力を抑制

 スウェーデン発の家具専門店、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は10月11日、「IKEA(イケア)長久手」(愛知県長久手市)で電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)用充電スタンドの実証実験を始めた。

 

 日東工業(同)と豊田自動織機(愛知県刈谷市)が開発した200ボルト普通充電スタンド9基を設置、3社共同で実証実験を行う。

 

 公共施設・商業施設などでは充電スタンドを設置するケースが増えているが、電気料金など運用コストの負担軽減が課題となっている。今回設置した充電スタンドは、IoT(モノのインターネット)を活用して、遠隔で使用電力量をコントコール。充電設備全体が消費するピーク電力を抑制し、既存の電力設備や電気料金の範囲内で充電できることを実証する。

 

 同日オープンしたイケア長久手は、国内9番目の店舗。東海地方への出店は初めてとなる。

 

フラッシュニュース〈経営〉

DRM online 関連記事

Special topics