ホーム   フラッシュニュース    商品・サービス 
記事タイトルバナー
2017年9月13日

【ミニストップ】
スマホで料金収納開始、セブンなど大手も来年から

 ミニストップは9月15日、スマートフォンで公共料金や通信販売の代金などの支払いができる収納代行サービスを始める。NECと三井住友銀行の合弁会社、ブリースコーポレーションが開発したアプリ「PAYSLE(ペイスル)」を活用する。

 

 スマホにダウンロードしたアプリにブリース社から送られてくる電子バーコードを表示、ミニストップの店員がレジの端末で読み取ると現金での支払いが可能となる。北海道が地盤のコンビニエンスストア、セコマも9月中にはペイスルの取り扱いを開始、大手のセブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンは2018年中の導入を検討中だ。

 

 利用者は払込票を持ち歩く必要がなくなるほか、請求業者も払込票の発行・郵送コストを削減できる。コンビニ店頭でも伝票管理などの業務を軽減できる。

 

フラッシュニュース〈商品・サービス〉

DRM online 関連記事

Special topics