ホーム   ニュース&トピックス    セミナースケジュール 
記事タイトルバナー
2017年9月5日

【特別レポートのご案内】
万引きをリアルタイムに検知、商品ロスを未然に防止する
「AIロボットカメラシステム」が登場

 小売業、流通業にとって、商品ロスは深刻な問題になっている。日本の小売業の利益率は平均約2%と低く、万引きなどによる商品ロスが、この利益をさらに圧迫している。現在、多くの小売店では、防犯対策・万引き対策として監視カメラを設置しているが、万引きを未然に防ぐという効果には結びついていない。その理由としては、監視カメラの映像を24時間監視する人員の確保が難しいことや来店者の不審行動を常時モニターで把握する体制やノウハウがないことが上げられる。

 

 この2つの問題をAI(人工知能)と自動化によって解決したのが、「AIロボットカメラシステム」で、従来の監視カメラにない機能を搭載したカメラシステムとして小売業、流通業から注目を集めている。

 

 「AIロボットカメラシステム」は搭載した各種センサーからの情報をAIが分析し、不審行動かどうかを自動で判断。不審行動と判断した場合には、即座に不審者への警告や関係者のPCやスマートフォンへの通知も行う。万引きなどの不審行動をリアルタイムにAI検知する機能と、それに対応する機能の両面を備えることによって、従来の監視カメラと比較して、万引きの抑止効果を大幅に向上させることができる。

 

 すでに「AIロボットカメラシステム」を採用しているスーパーマーケットやドラッグストアでは、商品ロスの発生が大幅に減少するなど効果を上げている。

 

 今回の特別レポートではこの「AIロボットカメラシステム」の特徴と搭載されている最新機能について紹介する。

 

 

※特別レポートをご覧になられる方は、入力フォームにご記入の上、レポートをダウンロードして下さい。

 

【特別レポートのダウンロードは終了しました】

 

Special topics