ホーム   特集&連載    DRMオンライン・ピックアップ    ダイヤモンド・ホームセンターView Point 
記事タイトルバナー
2017年9月1日

[フィッシャージャパン株式会社]
ホームインプルーブメントの幅を広げるアンカー
「フィッシャー デュオパワー」

Diamond Home Center

●POWER PROMOTION●

フィッシャージャパン株式会社

ホームインプルーブメントの幅を広げるアンカー
「フィッシャー デュオパワー」

 

世界のアンカー・プラグ市場をけん引するフィッシャーグループ(本社・ドイツ)の日本法人フィッシャージャパンはこの6月、「フィッシャー デュオパワー」を発売した。アンカー・プラグを通じて、DIYの楽しさや快適さを提案していく。

 

● 最新テクノロジーのアンカー・プラグ

「フィッシャー デュオパワー」
ドリル径×プラグ全長は、5㎜×25㎜・6㎜×30㎜・8㎜×40㎜・10㎜×50㎜の4タイプ。それぞれタッピングネジ・木ねじ・小ねじが使用可能(ネジ仕様は母材による)
拡大画像表示

ネジを締め込むことで母材に合わせてさまざまな形状に拡張する

 

 フィッシャージャパンが6月に発売した「フィッシャー デュオパワー」は、すでに欧州で発売されており、ユーザーから高い評価を得ているアンカー・プラグだ。

 

 わずか数センチサイズの製品の中には、ナイロンとポリプロピレンの2つの材質と2色のデザインなど、、フィッシャーグループが培ってきた、アンカー・プラグの最新テクノロジーが詰め込まれている。

 

 「デュオパワー」の最大の特長は、ユニバーサルな製品だということだ。さまざまな資材(母材)、用途、ネジ仕様に使用できる。母材は、コンクリートからALC(軽量気泡コンクリート)、レンガ、石膏ボード、自然石、合板など幅広い。またネジも、タッピングネジ、木ねじ、小ねじが使用できる。

 

 本体部分がナイロン製で先端部分はポリプロピレン製。2つの材質の特長を生かし、耐久性を実現し、同時にネジを締め込むことで母材に合わせて拡張したり、折り曲がったり、結び目状態になったりする。また側面にあるギザギザに切り込まれた形状や首部回りの形状により、ドリル穴の中での共回りを軽減している。これらの特長から、実際の締め込み感が非常に高いアンカー・プラグだ。

 

● アンカー・プラグをけん引したフィッシャーグループ

 

 フィッシャーグループの創始者アルトゥール フィッシャー氏は、ドイツを代表する有名な発明家だった。その彼が1958年に発明したのが、ナイロン製Sプラグ「フィッシャープラグ」だ。

 

 当時、ナイロンは高価な素材だった。アンカー・プラグになぜそんなに高価な材料を使うのかと言われたこともあったという。しかしアルトゥール氏は柔軟性と耐久性が高く、さまざまな工業製品に使われるようになったナイロンに注目し、これからの建築現場にはより高品質な資材が求められると考えたのである。まさに慧けい眼がんであった。いまでは、プラスチック製のアンカー・プラグは世界中に広がり、「フィッシャープラグ」はその代名詞になっている。

 

 その後も、同グループは各種アンカー製品の開発を進め、日本市場には商社を通じて60年代には販売を開始し、とくに最新の工法や斬新なデザインが採用される建築現場で使われるようになっている。「日本国内には、これまでの顧客サポートを充実させるために2007年に日本法人フィッシャージャパンを設立しました」(フィッシャージャパンのゲオルク レンツ代表取締役社長)。

 

● 使用シーンを広げて楽しさを伝えたい

 

 今回の「フィッシャー デュオパワー」の日本での発売で、同社は日本のDIY市場にアンカー・プラグを広げていきたいと考えている。

 

 建築現場では人手不足を背景に施工業者が多能工化する傾向がある。そのため、一人一人の仕事の効率を高めることが求められている。「デュオパワー」を現場にストックしておけば、複数の母材、用途、ネジに対応するので、作業効率アップが格段に上がり、プロユーザーにとって大きなメリットを生み出す。

 

 一般ユーザーにとっても同様だ。「デュオパワー」一つがあれば、棚、鏡キャビネット、郵便箱、絵画、写真、カーテンレールなどを、自宅の壁材を問わず自由自在に取り付けることができる。また、取り付け後の安定性や耐久性も高いので、一般ユーザーのホームインプルーブメントの幅が広がる。

 

 この数年、ホームセンターの売場でも従来のファスニング製品の売場を改変し、アンカー・プラグ製品を拡充する動きが見られるようになっている。一般ユーザーのアンカー製品の認知度も高まっている。

 

 「アンカー・プラグを使用することで、ホームインプルーブメントのシーンは格段に広がると考えています。『デュオパワー』を提案することで、ユーザーの方に楽しさを知っていただきたいのです」とゲオルク レンツ社長は語っている。

 

DRM online 関連記事

Special topics