ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年4月21日

【イオン】
持続可能な調達に関する2020年目標を策定、GAP認証など活用

 イオンは、生鮮3品と紙・パルプ・木材、パーム油について「持続可能な調達2020年目標」を策定した。食品の安全性に関する国際認証制度である「グローバルGAP」や水産物に関する国際認証「MSC」「ASC」などを活用し、自然環境や生態系の持続可能性に配慮した商品調達を行う。

 

 農産物については、プライベートブランド(PB)はGAP基準で生産された商品の割合を20年までに100%に引き上げるほか、有機農産物の売上げ構成比を5%に高める。水産物は連結対象となるすべての総合スーパー、食品スーパーで、MSCおよびASCの流通・加工認証を取得する。紙・パルプ・木材、パーム油は国際認証原料だけを使ったPBにすべて切り替えていく方針だ。

 

DRM online 関連記事

Special topics