ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年4月18日

【ヤマダ電機】
ベスト電器を完全子会社化、株式交換方式で

 ヤマダ電機は7月1日、子会社のベスト電器を株式交換方式で完全子会社化する。これに伴い、ベスト電器は6月28日付けで上場廃止となる予定。

 

 九州を地盤とし、フランチャイズ方式で成長したベスト電器は、競合の激化などで経営が悪化、2012年にヤマダ電機と資本業務提携した。現在、ヤマダ電機はベスト電器の株式の50%強を保有しているが、完全子会社化することでベスト電器の上場維持コストなどを削減するほか、経営の意志決定を速める。

 

 ベスト電器の17年2月期の売上高は1595億円、営業利益は30億円。ヤマダ電機の子会社となった後、不振店舗の店舗閉鎖などで売上高は減少が続くが、利益は大幅に改善している。

 

フラッシュニュース〈経営〉

DRM online 関連記事

Special topics