ホーム   ニュース&トピックス    セミナースケジュール 
記事タイトルバナー
2017年3月27日

【特別レポートのご案内】
IoT時代に小売業が競争優位を獲得する戦略とは
小売業界におけるIoT : 「つながる顧客」への対応

 IoTの活用が小売業の競争戦略に新たなイノベーションをもたらそうとしている。あらゆるモノがネットでつながれ、通信ネットワークを介して生成されるデータの収集・分析を行うことで、新しい知見や価値を発見することができるようになり、より高度なデータ分析によって、小売業が顧客に対してより魅力的な「カスタマーエクスペリエンス」(顧客体験価値)を創出することが可能になってきた。

 

 オンラインショッピングの急成長とスマートフォンやタブレットの普及、ネットワークスピードの増大、ソーャルメディアの利用拡大は、小売業と顧客がよりシームレスな関係で結びつくオムニチャネル化を加速している。小売業はWebサイトと同様に店舗のスマート化による店舗の魅力づくり、競争力強化に取り組み始めている。

 

 IoTは顧客のスマホなどのパーソナルデバイスを通じて顧客とつながる新しい方法を提供して、顧客に対してよりパーソナルな体験価値を提供することができるようになってきた。例えば顧客を認識して歓迎する、ショッピングの目的を予測する、カスタマイズされたサービスやプロモーションを提示する、一緒に買うとお得な商品を提案する、といったカスタマーエクスペリエンスを店舗で実現することが容易になってきた。

 

 今回の特別レポートではIoTを活用することによって実現する小売業の競争力強化と競争優位性を獲得するためのデータ活用戦略について紹介する。

 

 

※特別レポートをご覧になられる方は、入力フォームにご記入の上、レポートをダウンロードして下さい。

下記URLよりお申込み下さい。

 

特別レポートのダウンロードは終了しました。

 

DRM online 関連記事

Special topics