ホーム   特集&連載    DRMオンライン・ピックアップ    ダイヤモンド・ホームセンターView Point 
記事タイトルバナー
2017年3月1日

〈プロユース〉
作業用品市場は成長トレンドを持続
カジュアル志向はますます強まる

Diamond Home Center

注目企業

コーコス信岡


色揃えを追求した新シリーズを投入、ファッション性のほか機能性も追求

 

● 6400通りの組み合わせ

 コーコス信岡は、「アンドレスケッティ」ブランドにおいて豊富な色揃えを特徴とする新シリーズを発売した。高い機能性はそのままに、カジュアルで高いファッション性を備えたワークウエアにより、多様化するニーズに応えようとしている。ブルゾン、ボトムス、ポロシャツ、シューズと幅広いアイテムを充実。

 さらにカラーバリエーションとして、ブルゾンは10色、ボトムス8色、ポロシャツ10色、シューズ8色を展開。これらを組み合わせれば、単純計算で6400通りもの組み合わせを実現できる。いずれもメンズのほか、レディース向け商品も用意している。

 

 従来、同ブランドにはなかった新色も登場。若い年齢層に人気があるデニムの雰囲気を再現した色として、「インディゴ」、「グラファイト」の2種類をラインアップに加えた。国内の生地メーカーと1年半にもわたって共同開発した、こだわりの色合いだ。

 

 多様なカラーバリエーションだけでなく、高い機能性も追求しているのも大きなポイント。JIS帯電防止規格適合。暗がりでも目立つ反射パイピングを採用したほか、収納力抜群のポケットを随所で設けるなど、ワークウエアに求められる要素も数多く取り入れた。

 

● 今秋、「ディッキーズ」に大型新商品を計画

 よりカジュアルなテイストで人気急上昇中の「グラディエーター」ブランドでも、アイテムの拡充を図った。

 

 近年需要が急増しているパワーサポートアイテムでは、新素材を採用することで汗を素早く吸収、ベタつきを軽減した「HYBRIDパワーサポート」を新たに投入。モクグレー、アイビー、イエロー、ホワイト、ブラックの5色がある。

 

 また、パンツ企画もさらに充実。昨年発売し、大ヒット中の「GーCARGO」シリーズに新たに「WILD」ラインを追加。ストレッチ素材はそのままに、ヒザ部分に蛇腹プリーツを入れ、視覚的なワイルド感と機能性をあわせ持つ魅力的なアイテムとなっている。またスポーツテイストで軽量・DRY・ストレッチ機能のある「軽量ストレッチパンツ」は昨年の完売を受けて大幅に増産。更なる需要増に備える。

 

 その他、新展開としてスポーツスタイルにワークの機能性をプラスした「GーSPORT」シリーズも登場。シャープなデザインと求めやすい価格で、昨年秋の商談会でも大好評。売場対策が手薄だった梅春や秋口の端境期商材として売り上げ貢献することは間違いなさそうだ。

 

 「グラディエーター」ブランドは、近年ヒット商品が多く、指名買いの固定客も増加している。常に売場に新風を吹かせる今後の新商品にも期待が持てそうだ。

 

 このほかアメリカンテイストで人気のブランド「ディッキーズ」は今秋、大型の新商品発売を計画している。従来にないデザイン、機能を持ったまったく新しい製品で、同ブランドのファンは大いに期待できそうだ。

 

■リアル、バーチャルの融合でブランドを訴求

 

専務取締役
平川隆氏

 春夏向け商戦に向け、多くの新製品を発売しました。近年、ワークウエアにおいてはタフさ、機能性だけでなく、ファッション性やデザイン性といった要素が強く求められる傾向にあり、当社でも製品開発に反映させています。

 

 今回の目玉は、「アンドレスケッティ」ブランド。お客さまのニーズは多様化しており、人とは一味違うファッションを志向する人が増えています。これを受け、同ブランドでは多くのカラーバリエーションを用意し、組み合わせることで6400通りものスタイルを楽しめるのが大きな特徴です。

 

 製品開発のほか、ホームセンター各社さまへのサポートにも力を入れています。店頭では、代表的な色の組み合わせを提示することによって当社ブランドの着こなしを提案。製品にはPOPを添え、ブランドの特徴やこだわりの部分について説明するなど、価値を訴求する活動も強化しています。

 

 さらに、Webサイトの取り組みも今後、強化します。多様化するワークスタイルニーズに応え、様々なコーディネートを提案するには、スペースに制約のないWebサイトが適しています。豊富なカラーバリエーションをもとに、モデルが着用したコーディネート例や機能部分の画像を数多く用意。HCのみなさまに活用頂く事で、ユーザーの顧客満足度アップにつながるサービスをご提供していきます。

 

 今後も、HC企業さまの売上高、利益に貢献できるよう、お客さまニーズに応えられる製品開発に取り組んでいく所存です。

 

DRM online 関連記事

Special topics