ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年1月5日

【国税庁】
酒類の安売りを規制する取引基準案を公表、6月施行

 国税庁は過度な価格競争の防止などを目的とした酒税法などの改正法が2016年5月に成立したことを受けて、酒類の公正な取引の基準案を公表した。

 

 仕入原価に販売管理費を加えた総販売原価を下回る価格で継続的に販売したり、周辺の酒類販売業者に売り上げ減少など相当な影響を与えたりした場合、罰則の対象となる。基準を守らない場合は企業名を公表、守るように命令する。命令に違反すると免許を取り消す。公正取引委員会とも連携して、違反を取り締まる。

 

 17年1月以降、パブリックコメントの募集・回答や公取委との協議などを経て、改正法が施行される6月から取引基準の運用を始める。

 

 改正法では、酒類小売業者が選任する酒類販売管理者に研修の受講を義務付け、これに違反した場合も命令や罰則を科す。

 

フラッシュニュース〈経営〉

Special topics