ホーム   ニュース&トピックス    セミナースケジュール 
記事タイトルバナー
2016年8月23日

【特別レポートのご案内】
小売業のパーソナライゼーション戦略
データドリブンマーケティングで顧客体験の最適化と売上向上を図る

 デジタル時代において小売業がパーソナライゼーションによるマーケティングを推進することは他社との差別化を図り競争力を強化・維持するための不可欠な戦略となっている。

 小売業はユーザーの属性情報や購買履歴、行動履歴といったデータを収集・蓄積・分析しパーソナライズすることで顧客体験価値を最大化することができ、顧客ロイヤルティを高められる。しかしながら、顧客がいつでも、どこでも、最も便利なデバイスやチャネルを通して企業とコミュニケーションや商品・サービスの購買ができるオムニチャネル時代を迎え、顧客が企業に求める顧客体験に対する期待は増大している。そのため、小売業においてはモバイルや店舗、ウェブサイトなどあらゆるタッチポイントにわたって顧客を深く洞察して、収集したデータの分析・活用によってパーソナライズの精度を高め、顧客により最適な顧客体験価値を提供することが求められている。

 今回、マルチチャネルにおいてパーソナライズされた顧客体験価値を提供するための戦略に関する調査レポートと全社的なデータドリブン(データ重視)マーケティングの実践でパーソナライゼーションを実施して成長を続けるアスクル「LOHACO」の戦略事例レポートをセットでお届けする。

 

 【特別レポートの内容】

 

特別調査レポート

消費者とのギャップを埋める
~小売業は、今こそパーソナライゼーションを見直す時期である~

 

 マルチチャネルでパーソナライズされた顧客体験価値を提供することは小売業が競争優位性を獲得して成功するための必須の戦略になっている。今回の最新調査レポートでは、モバイルショッピングの小売市場が今後、急速に成長するなかで、マルチチャネルのパーソナライズ戦略において、小売業がモバイルチャネルおよび店舗内での顧客体験価値の提供アプローチを再構築して、実店舗やウェブサイトおよびモバイルを含む、複数のチャネルにわたり本物の顧客体験価値の提供を強化してパーソナライゼーションをより進化させるための戦略について紹介する。

 

戦略事例レポート

アスクル「LOHACO」のデータドリブンマーケティングの実践
分析データを駆使して優良顧客化を促進

 

 アスクルが展開する個人向けの通販サイト「LOHACO」は第2世代のECサイトを目指して先進的な取り組みを行っている。会員プロフィールに加え、PCサイト、スマホサイト、スマホアプリの3つのチャネルから得られる購買履歴、閲覧履歴などをもとに顧客に最適な商品を提案。LOHACOの利用者数の拡大を図るとともに優良顧客化を促進している。

 さらに、取得したデータや知見を商品の提供元であるサプライヤーと共有し、マーケティングや独自の商品開発にも役立てている。データドリブンマーケティングの実践で成長するLOHACOの最新アプローチを紹介する。

 

※特別レポートをご覧になられる方は、入力フォームにご記入の上、レポートをダウンロードして下さい。

特別レポートのダウンロードは終了いたしました。

 

DRM online 関連記事

Special topics