ホーム   特集&連載    Retail Technology 
記事タイトルバナー
2016年4月4日

【富士通システムズ・イースト】
調剤薬局の精算・会計を変える!
富士通グループ「FUJITSU Retail Solution TeamStore/P」

 富士通(東京都/田中達也社長)と富士通システムズ・イースト(東京都/石川享社長)は、調剤薬局と調剤併設型店舗を展開するドラッグストア(DgS)に向けて、POSソリューション「FUJITSU Retail Solution TeamStore/P(チームストア・ピー)」(以下、TeamStore/P)を提案している。

 「TeamStore/P」は、法改正や制度改正で調剤薬局を取り巻く環境が大きく変化していることに対応。服薬情報の一元管理や24時間対応・在宅対応などが求められる「かかりつけ薬局」や、健康相談をはじめとした「健康サポート機能」など、大きく変化するとみられる薬剤師や登録販売者の業務をサポートできるのが売りだ。

 一般的に、調剤薬局における売上高管理はレセプト請求業務がメーンとなるが、従来のレジシステムは会計的な売上高を管理する機能がなかったりして、量販店のPOSシステムのような仕組みが求められていた。

 調剤併設型DgSでも、物販の売上高を管理するPOSシステムと、調剤売上高を管理する調剤システムは別物であり、レセプトコンピュータ(レセコン)以外の調剤システムは調剤売上を含む店舗売上のタイムリーな把握ができず、未収金(売掛金)の管理が煩雑になるなど、システム的な課題を抱えていた。
 

 

 

 そこで富士通と富士通システムズ・イーストは、調剤薬局の本来の役割である服薬指導やカウンセリングを支援するツールとして、レセコンと連動可能で効率的な売上管理ができるPOSシステムとして「TeamStore/P」を開発した。

 「TeamStore/P」はNSIPS(調剤システムを連携させるための共通仕様)で処方箋会計とOTC医薬品、日雑品の会計を同時に行える。ズー(長野県/宮島仁一社長)の医療用・OTC統合医薬品データベース「YAKUGEN」をPOSに搭載することで、医薬品の飲み合わせのチェックを行ったり、情報提供や服薬指導をモニターを通じてできるようにした。

 「TeamStore/P」は、①標準導入モデルのほか、②すでに導入されているPOSシステムと連携するモデル、そして情報提供や飲み合わせチェックなどをタブレットで行う③説明端末モデルの3つのソリューションがある。

 「TeamStore/P」はすでに長野県の調剤薬局が導入したほか、調剤併設型店舗を展開する大手DgSが一部の店舗で導入実験を行う予定だ。

 


●富士通システムズ・イースト

http://www.fujitsu.com/jp/group/frontech/solutions/industry/retail/pos/teamstorep/

DRM online 関連記事

Special topics