ホーム   特集&連載    DRMオンライン・ピックアップ    ダイヤモンド・チェーンストアThe Interview 
記事タイトルバナー

第133回

2016年2月26日

19年6月期に売上高1000億円めざす
「働きがいある企業風土育てたい」

DIAMOND Chain Store

広島県、岡山県で33店(直営)の食品スーパー(SM)を展開するエブリイ(広島県)。エブリイホーミイホールディングスの中核企業であり、鮮度を追求した品揃え、売場づくりにより着実に業績を伸ばしている。快進撃を続ける同社の新社長に就任した岡﨑浩樹氏に、今後の事業展望や抱負を聞いた。
聞き手=千田直哉(本誌) 構成=森本守人(サテライトスコープ)

 

2年以上、既存店が成長

 


エブリイ 代表取締役社長 おかざき・ひろき 1979年広島県生まれ。 関西学院大学を卒業後、 2001年コンサルティング会社に入社。 2007年ホーミイダイニングに入社、 外食事業部本部長として ビュッフェレストラン「ワールドビュッフェ」業態を 立ち上げるなど外食事業の基盤を構築。 2013年エブリイ本庄店店長・ 商品第三部業務統括バイヤー、 2014年常務取締役経営企画部部長、 2016年代表取締役社長に就任(現職)

──今年1月1日付でエブリイの新社長に就任されました。

岡﨑 前社長の岡﨑雅廣は、持ち株会社のエブリイホーミイホールディングス(広島県)の社長に就き、グループ戦略の陣頭指揮を執ります。私はその傘下にあるSMを展開する事業会社の長として采配を振るうことになりました。気を引き締め経営に臨む所存です。

──ここ数年、エブリイは業績を大幅に伸長させ好調です。

岡﨑 おかげさまで2015年6月期は、消費増税後の反動も予想されましたが、売上高は606億円(対前期比26.4%増)で15期連続での増収を達成したほか、経常利益も8期連続の増益でした。既存店ベースの売上高も同9.2%増と順調です。16年6月期に入っても業績は同様のペースで拡大傾向にあり、15年12月までの全店売上高は累計で同15.5%増、既存店では同3.5%増。なお既存店は13年11月以来、26カ月連続で前年実績をクリアしています。最終的な売上高は680億円(同12.2%増)、グループ売上高は740億円での着地を見込んでいます。

────今後の中期目標はありますか?

岡﨑 「19年6月期に売上高1000億円」です。目標達成のため近年は出店ペースを上げており15年6月期は過去最高の5店舗を出しました。16年6月期以降も同水準で店舗網を拡充する方針でこのまま計画を進めればクリアできると考えています。

────ここ数年、グループでは将来を見越した体制の再構築、また独自色の強いビジネスモデルの構築にも努めています。

岡﨑 14年9月には、持ち株会社制に移行しました。「エブリイホーミイホールディングス」を設立、傘下にエブリイのほか、夕食材料宅配の「ヨシケイ福山」、通信販売事業の「けんこう応援団」、外食・給食事業の「ホーミイダイニング」、グループの人財教育研修を担う「YPYエデュケーション」など合計9社の事業会社を抱える体制にシフトしました。この体制のもと、農場経営や「漁船丸ごと一艘買い」もスタート、「六次産業化」をテーマとして差別化をねらった取り組みを強化しています。

────グループで第一次産業への進出も果たし、SMはその販路という面でも役割はより重要になりそうです。今後の抱負を教えてください。

岡﨑 生産者さま、メーカーさま、ベンダーさまの知恵をお借りしながらつくり手の立場に立った店づくり(=「六次産業化」)を進め、お互いに「WIN-WIN関係」を構築していきたい。またSM業界にはヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)さんや阪食(大阪府/河村隆一社長)さんなど素晴らしい企業がたくさんあります。そういった企業から勉強させていただきながら、仕事に携わる従業員が生きがいを持ち、働ける企業風土を育てることで、ヒト、ひいては組織の可能性を最大限に引き出したいと考えています。

 

DRM online 関連記事

Special topics