ホーム   ニュース&トピックス    トピックス 
記事タイトルバナー
2016年2月9日

【ライオン】
高まる女性のワキ汗解消機能を強化した
Banの新シリーズを発表

発表ではBan新シリーズの制汗機能の向上ポイントが丁寧に説明された

 ライオンは2月4日、制汗剤「Ban」シリーズの新製品発表会を東京都内で開催した。

 

 新製品は女性の「汗じみ不安」の解消にフォーカス。

 

 同社が行った消費者調査によると、「ワキ汗ジミができることを気にする」人は8割以上。20?30歳代の有職女性では、制汗剤を購入する際に「ワキ汗を抑える効果」を最も重視する人は、2014年調査の38%から2015年46%と増えている。

 

 女性が「女子力が低い」と思うことという問いで、3位に「服にワキ汗ジミがついていること」の回答が入った。むだ毛・うぶ毛の処理、口臭がするという回答に次ぐもので、汗ジミ抑制に対する要求レベルが高まっていることが、新製品の市場背景となっている。

 

 市場も伸長している。制汗剤の直塗り市場は、2014年の103億円から2015年は116億円(前年比112%)、ワキ汗カテゴリーで10億円から25億円と伸びた。

 

 新製品のラインナップは、2月10日発売3タイプ『Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベル(医薬部外品)』、『Banデオドラントパウダースプレー』トレンドセレクション、『Banシャワーデオドラント&リッチ』、4月1日発売の『Ban爽感さっぱりシャワーシート&ピンク』。

 

 2月21日からは、沢尻エリカを起用した『Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベル』の新テレビCMが全国放映される。

 

Ban新シリーズの展示

DRM online 関連記事

Special topics