ホーム   ダイヤモンド・リテイルメディアの雑誌・書籍    ダイヤモンド・チェーンストア新刊紹介 
記事タイトルバナー
2015年6月1日

ダイヤモンド・チェーンストア
2015年6月1日号

 ダイヤモンド・チェーンストア6月1日号の特集は、「セブン、ローソン、ファミマ コンビニ三極寡占時代」をお届けします。

 

 コンビニエンスストア業界で、大手の寡占化が加速しています。国内コンビニ市場は約9兆7000億円。セブン‐イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマート、これら大手3社で8割超のシェアを占めています。大手3社は積極出店を続けており、中堅・中小との格差はいちだんと開いてきています。

 

 ただ、大手と中堅・中小の間だけでなく、大手3社の間でも格差が生じてきています。売上、店舗数、収益力などで、圧倒的な強さを誇るのが、最大手のセブン‐イレブンです。これに対して、ローソン、ファミリーマートは新たな戦略を打ち出しています。ローソンは相次いで他業種や他業態との業務提携、ファミリーマートはサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスとの経営統合の協議入りを発表しました。

 

 特集では、大手3社をはじめサークルKサンクス、ミニストップ、セイコーマートなど6社の重点戦略を追ったほか、業界相関図、チェーン別の国内店舗数、海外展開の現状などをまとめました。

 

 今号はこのほか、ボランタリーチェーンの全日食チェーン、米国のビューティケア専門店チェーン、アルタ(ULTA)の企業研究も読みどころです。

 

 ぜひ、ご一読ください。

 

 

<目次PDFのダウンロードはこちら>

 


 

<定期購読のお申し込みはこちら>

 

<最新号・バックナンバーのご購入はこちら>

 

<書店でのご購入はこちら>

DRM online 関連記事

Special topics