ホーム   特集&連載    DRMオンライン・ピックアップ    ダイヤモンド・ドラッグストアPick-Up 
記事タイトルバナー

第98回

2015年5月15日

ビッグダウン
3号店は四国で買収した店舗を転換しオープン

DIAMOND Drug Store

 ツルハホールディングス(以下、ツルハHD)は2月26日、実験中のディスカウント新業態「ビッグダウン」須崎東店を高知県須崎市にオープンした。3号店となったのは地元DgSのかもめから買収した店舗の一つで、周囲にはコスモス薬品や地元よどやドラッグ、SMのマルナカなどが出店しており、人口3万人程度の商圏内に競合がひしめくエリアだ。

 

 茨城県日立市、栃木県鹿沼市に続く四国でのビッグダウンでの試みは、生鮮食品導入、調剤併設、ビューティケアおよびステーショナリーの拡充だ。

 

 かねてよりツルハHD社内での検討課題だった生鮮食品の導入は、自社ではなくコンセッショナリー方式でのテナントによる展開。鮮魚、精肉、青果、総菜について、高知県内外の業者を登用した。売場面積450㎡のうち約120㎡を生鮮食品に充て、地元生活者の支持獲得を狙う。ツルハHDとして初の試みであり品揃えなどでの課題もみえるが、一定の成果が上がりつつあるようだ。

 

 調剤併設に関しては、近隣医療機関からの処方せんも徐々に増え始めており、競合店舗との差別化にも大きな役割を果たしている。ビューティケアは購買結果の分析から既存ビッグダウンではなかったカウンセリング化粧品を一部導入した。またステーショナリーでは、文具専門店とのタイアップでアイテムを拡充。地域一番の品揃えを標榜する。

 

 ビッグダウンは、すでにツルハグループマーチャンダイジング(TGMD)に商品調達が移管され商品パターンはでき上がっている模様だ。一方、運営面ではいずれもツルハHDにとって新たなノウハウの蓄積となっている。今後は、飛び地出店となっている新業態としての多店舗化戦略を視野に、本体DgSとの連携が重要なポイントとなりそうだ。

DRM online 関連記事

Special topics